2009年12月 5日

過去のない男

過去のない男 [DVD]

Mies Vailla Menneisyytta 

2002年 フィンランド

監督.製作・脚本 アキ・カウリスマキ

出演  マルク・ペルト  カティ・オウティネン  ユハニ・ニエミラ  カイヤ・パカリネン サカリ・クオスマネン

 

 これは、名作。何度見てもいい。

夜の寂しい駅で襲われて過去の記憶を無くした男が、知らない街に根を下ろして、新しい生活を始める話。

フィンランドという国の海辺の町は、少し侘しい所だが暮らしている人はどことなく暖かい。素性がわかっても本人はなにも思い出すことが出来ない上に、妻が居た。教えられた住所に帰ってみると離婚が成立したばかりで、妻はもう新しい相手と暮らしていた。特に前の生活に愛着ももてなくてすでに妻と暮らしていた男性に送られて又もとの街に戻り、自分も新しく出来た恋人と暮らし始める。

日常の生活が過ぎていく様子も淡々と平凡な中で、言葉少なく落ち着いた映画だった。

 

★★★★★

 

 

2009年11月12日

グラン・トリノ

グラン・トリノ [DVD]

監督・製作   クリント・イーストウッド

 出演  クリント・イーストウッド、  ビー・バン 、 アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、

      コリー・ハードリクト ブライアン・ヘーリー

 

クリント・イーストウッドが監督としても俳優としても最高傑作だと賞賛されている映画を見てきた。

 

 アメリカの中西部のありそうな日常生活が描かれています。そこに住んでいる孤独な老人も身近にいそうな存在です。ただ近所はアジアの人たちが多く住んでいるところで、偏屈で固定観念に縛られた彼は周りから孤立していて、二人の息子の家族とも理解しあうことが出来ません。 ところがそこで隣の男の子と知り合うことで、変わっていきます。

晩年を迎えて、過去の出来事が、硬いトラウマになっていることをひた隠しにしていた老人の心が、次第にほどけて行く様子が感動的です。 彼の心に硬いしこりになっているのは、戦争という名前で許されてきた出来事が、多くの人にとっては犯罪とは呼べない、多くに人にとっては、戦いに勝つための手段だったと、忘れ去られていくようなことなのです。

しかし彼は戦いの後、勲章を貰ってはいますが、そのことから逃れることが出来ないでいました。彼がやっと心を開いて、教会に行き神父に懺悔したことは、思えば些細な出来事ばかりでした。 しかし彼は、ついに戦争で犯した罪を贖おうとします。 誠実さとは目に見えない心の奥底にあり、人の孤独というのは年とともに深まっていくことを思い知らされます。

彼の晩年には、理解できないと思えた異民族にも、習慣や人種を超えて暖かい人間性を理解し合えることを知り、そんな心の変化を受け入れたこと、暖かく周りに迎え入れられたことなどで、次第に気持が豊かになっていったのでしょう。 イーストウッドは78歳になったそうで、この役は彼の年齢と人生観にも深い関わりがありそうです。 深く考えさせられるいい映画でした。

イーストウッドの映画は、「ミリオンダラー・ベイビー」が一番だと思ってきました。評判ではこの作品に一歩譲るようですが、しばらく時間を置いて考えます。 映画ではありそうにない出来事を在りそうに作るものだと思います。現実はもっと奇異なものかもしれませんが、普通はそんな場面に身をおくことはありません、クリントイーストウッドはそんなありえないようなことでも綴り上げて普遍的な人の心に迫り、違和感を覚えさせず感動を与えるいい監督だと思います、この素晴らしい脚本と映像には拍手を惜しみません。

 

GRAN TORINO 2008年  アメリカ ★★★★

彼が二度愛したS

彼が二度愛したS [DVD]

監督 マイケル・ランゲネッガー

出演 ヒュー・ジャックマン ユアン・マクレガー  ミシェル・ウィリアムズ シャーロット・ランプリング  マギーQ

 

ユアン・マクレガーの映画はいつでも見る価値があると思っている。この映画はサスペンスといっても先行きが分るという弱点はあrものの十分面白かった。

 * * * 

冴えない会計士のマクレガーは孤独で、偶然知り合ったセレブな弁護士のジャックマンと話し込んで友情を感じる。取り違えた携帯電話に、ジャックマン宛てにかかってきた電話を聞いて、会員制の秘密クラブを知る。それはデートクラブで簡単にホテルで待ち合わせるというシステムになっていた。そこで出遭った頭文字がSと言う美女に一目ぼれをする。次第に不気味なジャックマンのわなに嵌っていくという、ラブサスペンス。

 * * * 

ユアン・マクレガーは色々な役をこなす非常に優れた俳優だと思っているが、いち押しはなんと言っても「猟人日記」。この不思議な雰囲気が滲む映画は忘れらない。また、「スターウォーズ」のオビ=ワン・ケノービもよかったし「ムーラン・ルージュ」では歌もうまい、。「ビッグ・フィッシュ」は感動の映画だった。

ヒュー・ジャックマンは、X?MENで髭を見慣れると、スーツを着こなした弁護士は新鮮だった。もうすぐ公開の「ウルヴァリン」でまた可哀想なローガンを見ようと思っている。

可愛くて美しいミシェル・ウィリアムズという女優さんは初見かと思ったら、「ブロークバックマウンテン」でヒース・レジャーの奥さんになっていた人だそうで気が付かなかっけれど、とにかくこの映画はキャスト三人が見所でした。

 

 Deception  2008年  アメリカ ★★★

2009年1月13日

コールド マウンテン

コールドマウンテン [DVD] 監督 アンソニー・ミンゲラ
脚本 アンソニー・ミンゲラ ソニー・ミンゲラ
製作総指揮 イアイン・スミス
撮影 ジョン・シール
音楽 ガブリエル・ヤール
出演 ジュード・ロウ(インマン) ニコール・キッドマン(エイダ) 
    レニー・ゼルウィガー(ルビー) ナタリー・ポートマン(セーラ)
    ドナルド・サザーランド(牧師) キャシー・ベイカー(サリー)
"「イングリッシュ・ペイシェント」でアカデミー賞に輝いた
  アンソニー・ミンゲラ監督が壮大なスケールで描く至高のラブストーリー"

  激動の時代に生まれた純粋すぎる恋 ------ 21世紀の「風と共に去りぬ」

というコピーをあとで知った。紹介されて至高のラブストーリーという物を見た。
俳優もいいと思ったのだが、ここに書いておくほどの感動はなかった。
なぜ絶賛されて沢山の賞を受けたのだろう。

運命の相手にであったと感じたインマンとエイダ、第二次大戦下で戦地から500キロの距離を歩いて恋人の待つ故郷、コールドマウンテンに帰ろうとするインマンと、
帰りを待つために故郷を離れないエイダの物語。
原作がベストセラーであり、スタッフも実績のある人が揃って、カメラワークもいい、透明で美しい風景は印象的。
ジュード・ロウの内向的で暗いキャラクターは好きなので適役かも。
トム・クルーズよりもよかったのかもしれない。二コールキッドマンも美しかった。
中でもレニー・ゼルウィガーは大地に根付いた力強い女性を演じて素晴らしく、私は好きな女優なので、どの映画見ても存在感がある。
ただ原作を読んでいないので、インマンが脱走する理由がエイダに遭いたいだけというのは、どうもつまらない。
トム・クルーズが嫌がったわけも分かる。現代に置き換えると、社会的にはいて欲しくない男といえる。
エイダにしてもいくら現実離れのしたお嬢様育ちとはいえ、環境が変われば生きていくすべくらいは考えるだろう。
ルビーが同居してくれなければ飢え死にしていたのだろうか。
運命だのを信じ、確かに信念を曲げない強い人も沢山いるだろう、意思の強い人もいる、
運命の人に出会うことも考えられるが、現実的なのは私かも。
こんな純愛物語に感動しなくなった年齢になったのだろうか。

グリーンディスティニー

グリーン・デスティニー コレクターズエディション [DVD] 「CROUCHNG TIGER, HIDDEN DRAGON」 (2000年 中・米・香・台)
監督:アン・リー   
出演:チョウ・ユンファ ミシェル・ヨー
  チャン・ツィイー チャン・チェン
グリーンディスティニー(碧名剣)と呼ばれる刀をめぐる話ではあるが、
剣士(チョウ・ユンファ)、豪商の女主人(ミッシェル・ヨー)、名家のおてんば娘(チャン・ツィイー)、
盗賊(チャン・チェン)、忍び、などなど入り乱れて話はすすむ。
頭を丸めたチョウ・ユンファが静かーにこれも剣士であるミッシェ ル・ヨーと
大人の恋愛をするかと思えば、やんちゃなチャン・ツィイーはお母さんの簪を取り戻しに行った先で
盗賊と恋に落ちる。この思い出話が長い、長過 ぎ。
物語は中国のそれらしいストイックな修行話もあり、共感できる部分もあるが、
話題のワイアー・アクションは、あまりに凝り過ぎ、地球の重力に逆らいす ぎて滑稽。
これはせめて「マトリックス」で止めておくべき。
しかし剣戟はやはり迫力があり、美少女のチャン・ツィイーが旅籠で暴れる場面は面白い。
これは名場面だ。好き嫌いの分かれるところだろうが、娯楽映画としては好きな部類。
ヨーヨー・マのチェロがとてもいい。
この人はあまりにも有名だが、ほんと昔まだ若者の頃「徹子の部屋」に出ていた。
その時に初めてチェロを弾いたのを聞い たのだが、素晴らしかった。
宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」もこんな音が出したかったのかという気がしたのを思い出す。

ボンドガールのミッシェル・ヨーは落ち着いた一見はかなげな容姿で「宗家の三姉妹」では長女だった。
がアクションも迫力があり、インタビューなど話し上手で深みもある。ちょっとお喋りな楽しい人のようだ。