2009年12月 5日

レッドクリフ

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

2008年 : アメリカ/中国/台湾/韓国

監督・製作・製作総指揮・脚本  ジョン・ウー
出演  トニー・レオン 金城武  チャン・フォンイー  チャン・チェン ヴィッキー・チャオ フー・ジュン
    中村獅童 リン・チーリン

小学生の時、図書館で三国志を読んで、関羽が死ぬところで泣いた。
それ以来「三国志」のファンになっている。

ジョン・ウー監督が「演義」の有名な部分と俳優を結んで仕上げた、派手なアクション映画で、映画的にショウアップされた「三国志」と思えば、派手な演出もそれなりに楽しめるし、豪快で大画面ならではの迫力でした。

現実にはありえないような戦闘シーンが娯楽映画ならではの笑いを誘います。

孔明が鳩を飼っているのも、ジョン・ウーならではで面白かったです

硬いことを言うと興味がなくなりますので、お金のかかった大群衆に(CGでも)孔明の作戦で勝利する、無勢に見えた劉備・孫権軍が、曹操の多勢を破る戦いは威勢がよく元気でした。

★★★

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

2008年 東宝

 

監督 西谷弘

原作 東野圭吾

出演 福山雅治 、 堤真一 、 松雪泰子 、 金澤美穂 、 柴咲コウ

 

この原作はベストセラーだったので読まれた方が多いことと思います。

原作を読んでから映画を見るのは読書では背景の曖昧な部分を、画像が補ってくれる利点があるからで、私にはよりリアルな感想が残ります。

原作と、映画作品はジャンルの違いを理解すれば、あまり厳しく比較しなくてもいいのではないかと思っています。謎解きのスリルよりも人間関係に重点が置かれたのは、人はいかに「献身的」になれるか、そういたところにテーマがあったからかもしれません.

堤真一さんの好演は映画に厚みを与えています。

★★★☆

2009年11月13日

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]

監督 : 中村義洋
原作 : 海堂尊
出演 : 竹内結子 、 阿部寛 、 堺雅人 、 羽田美智子 、 山本太郎 、 高嶋政伸 、尾美としのり 、

     中林大樹 、 林泰文 、 佐野史郎 、 玉山鉄二 、 野際陽子 、 平泉成 、 國村隼

 

 海堂尊さんの小説はとても面白い。「チームバチスタの栄光」が最初に映画化されたが、これは専門分野にわたる手術場面と人間関係の絡みが映像化し難くかったのか、あまり成功しなかったように感じたのですが、次に読んだ「ジェネラル・ルージュの凱旋」はストーリーも面白いし、映画になったらきっといい画面が見られるのではないかと楽しみにしていました。ジェネラルと呼ばれる医師の役は、内野聖陽さんなどを勝手に想像していましたが、堺雅人さんになったと言うので、それも楽しみだと思って待っていました。

映画は大変よく出来ていて面白かったです。堺さんのジェネラル(速水医師)は線の細さを持ちながら、それが精神的な強さを反映しているようでh髪を感じさせていました。
二作目なのでメンバーもおなじみで、最後にバチスタチームが応援にkj来るところなど面白かった。少し時間がある方には最近にないオススメ映画です。

小説では次のシリーズ「ナイチンゲールの沈黙」も映画化するには地味で難しい(内容ではなくて)のではないかと思います。
こちらも映画化されたら見たいのですが、娯楽作品ですから面白い脚本になれば、原作の味が伝わるかもしれません。

 

 2009年 : 日本 : 東宝  ★★★★☆