2009年12月 5日

アメリカン・ギャングスター

アメリカン・ギャングスター [DVD]

2007年 アメリカ

監督 りドリー・スコット

主演 デンゼル・ワシントン ラッセル・クロウ

 

面白かった。実話が下敷きになってるせいか少々テンポが鈍く話が長い。でも二人の俳優の世界が平行して展開する出だし部分から、ついに事件が交差していく後半のじりじりと進む話は面白かった。

ギャング世界しか知らない男の成功する方法は不法な世界の中であり、彼はベトナム戦争の最中を利用し、麻薬を産地直送方式で売って財を築く。一方見つけた100万ドルの現金を申告して仲間から馬鹿正直なボーイスカウトと揶揄され孤立する精錬な堅物の警官。彼は汚職、収賄が日常茶飯の警察内部の腐敗に対して信じるところにしたがって麻薬捜査を続ける。

 二人の対面シーンは、重い荷をおろしてお互いに自分の生き方を見る余裕が出来たような表情が印象的で、それぞれのその後も、映画的ではあるが巧く治まっている時間があって楽しみに見るなら及第点.

 

 ★★★★

我が家の楽園 

我が家の楽園 [DVD]

You Can't Take It With You  

1938年 アメリカ

監督 フランク・キャプラ
出演 ジェームズ・スチュワート
    エドワード・アーノルド
    ジーン・アーサー


 
今レンタルでモノクロの作品を見るとクラシックな名作という気がする。

ここでは家族そろって自由な生き方をしているのがいい。人生は単純に楽しく生きようというメッセージに文句なく感動する。

オーソドックスな筋書き通りの展開で非常に分かりやすい。
途中に娘の結婚相手が富裕な銀行家の独り息子で一波乱あるが、それも期待通りに落ち着いて後味がいい。
こういった人生の賛歌は映画を見るたのしみになる。

 

★★★★★

 

大いなる陰謀

大いなる陰謀 (特別編) [DVD]


 Lions for Lambs  

2007年  アメリカ 

監督 ロバート・レッドフォード
出演 トム・クルーズ
    ピーター・バーグ マイケル
    ペーニャ デレク・ルーク
    ロバート・レッドフォード
    メリル・ストリープ

 


久々のR・レッドフォードの監督作品。メリル・ストリープもトム・クルーズも適役だった

アメリカの政策の間違いやテロの後遺症を引きずる現実について、監督の意見が色濃い、私にもよく分かる映画だった。

* * * 

アフガンでテロ分子をつぶそうという作戦が進行している時、急進的な議員(トム・クルーズ)は自分に好意的だったジャーナリスト(メリル・ストリープ)を、世論向けにニュースを提供する、スクープになると言って呼び寄せる。
大学では、以前は最優秀だった学生が、講義にでなくなったので将来について話しあっている
教授には、教え子が志願して戦争に行き戦死したという過去がある。
そして又優秀な学生が現在アフガンの作戦で死に瀕している。

* * * 

1時間半の映画は短い気がした。あっけない終わりだが、それもアリだろう。現実の生活と政治の関係についてはそれぞれの考え方で随分違いがある。といっても監督のメッセージは理解できる.

 

★★★☆

2009年11月13日

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- [Blu-ray]

監督 ジョン・ウー

出演 トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン ヴィッキー・チャオ フー・ジュン     

      中村獅童    リン・チーリン ユウ・ヨン

PART I を見たのでやはり?藻見ないといけないでしょうということで行ってきたが、やはり話題の大作は大変面白かった。

いろいろな意見があって、終わって映画館から出てくる間に感想を声高に話している人が沢山いました。ほとんどが、「三国志」はそうじゃないだろと言うような話でした。

私は前に見た「キングアーサー」を思い出して聞いていました。、史実とは異なる分野だと思ってみれば娯楽作品として成功しているとは思うが、やはりこういう点は、少し不満が残るところがある。

どちらにしてももう歴史の中に埋もれ、片や言い伝えのお伽噺に近くなっていることで、娯楽作品として、」細心の映画技術を使って楽しく見えればいいと思うところもある。

「レッドクリフ」も、長いという戦いのシーンも小さなエピソードがちりばめられて飽きなく見られるし、娯楽映画のエキスを詰めこんだような作品で見て損は無い。ジョン・ウー監督は楽しませる映画作りにかけては才能が豊かだが、これからは史実を基にしたものは避けて欲しいような気がする。 映画をじっくり鑑賞するなら、出かけて大画面で見なくても、DVDで静かに見るほうがいいのかなと思いつつ帰ってきました。

RED CLIFF: PART II/赤壁 2009年  アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 ★★★☆

2009年11月12日

グラン・トリノ

グラン・トリノ [DVD]

監督・製作   クリント・イーストウッド

 出演  クリント・イーストウッド、  ビー・バン 、 アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、

      コリー・ハードリクト ブライアン・ヘーリー

 

クリント・イーストウッドが監督としても俳優としても最高傑作だと賞賛されている映画を見てきた。

 

 アメリカの中西部のありそうな日常生活が描かれています。そこに住んでいる孤独な老人も身近にいそうな存在です。ただ近所はアジアの人たちが多く住んでいるところで、偏屈で固定観念に縛られた彼は周りから孤立していて、二人の息子の家族とも理解しあうことが出来ません。 ところがそこで隣の男の子と知り合うことで、変わっていきます。

晩年を迎えて、過去の出来事が、硬いトラウマになっていることをひた隠しにしていた老人の心が、次第にほどけて行く様子が感動的です。 彼の心に硬いしこりになっているのは、戦争という名前で許されてきた出来事が、多くの人にとっては犯罪とは呼べない、多くに人にとっては、戦いに勝つための手段だったと、忘れ去られていくようなことなのです。

しかし彼は戦いの後、勲章を貰ってはいますが、そのことから逃れることが出来ないでいました。彼がやっと心を開いて、教会に行き神父に懺悔したことは、思えば些細な出来事ばかりでした。 しかし彼は、ついに戦争で犯した罪を贖おうとします。 誠実さとは目に見えない心の奥底にあり、人の孤独というのは年とともに深まっていくことを思い知らされます。

彼の晩年には、理解できないと思えた異民族にも、習慣や人種を超えて暖かい人間性を理解し合えることを知り、そんな心の変化を受け入れたこと、暖かく周りに迎え入れられたことなどで、次第に気持が豊かになっていったのでしょう。 イーストウッドは78歳になったそうで、この役は彼の年齢と人生観にも深い関わりがありそうです。 深く考えさせられるいい映画でした。

イーストウッドの映画は、「ミリオンダラー・ベイビー」が一番だと思ってきました。評判ではこの作品に一歩譲るようですが、しばらく時間を置いて考えます。 映画ではありそうにない出来事を在りそうに作るものだと思います。現実はもっと奇異なものかもしれませんが、普通はそんな場面に身をおくことはありません、クリントイーストウッドはそんなありえないようなことでも綴り上げて普遍的な人の心に迫り、違和感を覚えさせず感動を与えるいい監督だと思います、この素晴らしい脚本と映像には拍手を惜しみません。

 

GRAN TORINO 2008年  アメリカ ★★★★