ニホンカモシカ


ニホンカモシカ
向こうも驚いたろうが、こっちも驚いたよ。


カーブの先に、子供くらいの茶色の塊が見えた。
はじかれたように茂みに飛び込んでいったのをよく見ると、鹿だった。

私たちが停まって見ている間、この体勢のままじっとこちらを見ていた。
車道から少し茂みに入った位置でずっと停まっていたところを見ると
追ってこられないことがわかっていたのだろうか。
頭には6,7センチほどの長さの小さな角が生えていた。

車はいなかったがカーブだったので車を停められず、車の中から撮影した。
ガラス越しだったせいか映りが悪くて残念。

少し前にニュースで、和歌山で白いニホンカモシカが見られたと言っていた。
そのとき、あの宮崎アニメをぼんやりと思い浮かべた。
この鹿と比べると、白い鹿はずいぶん目立ちそうだ。

このニホンカモシカは、国の特別天然記念物に指定されている。

今回はこうして偶然出会えたが、熊野には「かもしか牧場」という
ニホンカモシカを自然飼育している施設もある。


旅-和歌山のトップへ戻る homeへ戻る