潮岬灯台


潮岬灯台

最後に楽しみにしていた潮岬灯台。
白い巨塔・・・巨灯・・・台。空の青に映えて爽やかでした。


灯台を下から見てみたら 灯台の入り口
灯台を下から見てみたら 灯台の入り口
どうだ。灯台だ。という声が聞こえる気がするほど、
大きい。背が高く、下半分は右の写真に。
左の写真に写りきらなかった、灯台の入り口。
この小さな入り口から灯台の頂上を目指す。
うっすらと見えている階段の小さいことにちょっと驚く。
左に見えるドアからは、灯台の資料館へ行ける。
てっぺんまで68段? 注意を守ろう
てっぺんまで68段? 注意を守ろう
「段数は・・・68段」と書いてある。
写真では薄ら怖さが伝わらなくて残念。
狭くて縦幅の小さな らせん階段を68段も登っていく。
上の出口近くの鉄階段は狭くなっていますので、
手摺りにつかまりながら昇降して下さい。
また灯台の上では、突風が吹くことがありますので、
持ち物等を飛ばされないように注意して下さい。


という注意の張り紙があった。まだこれ以上狭くなる
と知り、一層薄ら怖くなるが・・・登る。
外から見えていた窓 注意書きにあった鉄階段
外から見えていた窓 注意書きにあった鉄階段
階段の途中にはいくつか小さな出窓があった。
窓のおかげで明くなっている階段を登ることができた。
中央にある垂直の柱と比べると、
その恐ろしい角度がわかる。
両手で手摺りをしっかり持って、1段1段ゆっくり上がった。
右がのぼり専用階段。左がくだり専用階段となっていた。
到着 頂上から展望へ
到着 頂上から展望へ
まだランプがある階への鉄階段がついていたが、
進入禁止になっていた。
なのでここが頂上。
階段のスペース以外は柱を中心に円形の床を
歩けるようになっていて、そこは意外に広かった。
ここには小さな出入り口が2つついていて
外に出られるようになっていた。
写真ではちょこっと、海辺の緑が写っているあたりが
柵になっていて、外に出てみると足場は結構狭かった。
下を見ると足がすくむほどだった。
灯台の上からの展望 灯台の上からの展望
灯台の上からの展望
気がつくとカメラのメモリが少なくなっていて、景色はほとんど撮れなかった。
目の前には広く、水平線と海が広がり、遠くには小さく見える船がゆっくり動いているのが見えた。
海鳥が真下に飛んできて大きく見えた。
灯台の上から見た景色は、しっかり目に焼き付けて帰った。
灯台の上からの展望の続き 灯台の下の花畑
灯台の上からの展望の続き 灯台の下の花畑
高いところから見ると、水平線がやはり
地球の形に丸く見えた。
灯台の下にはミヤコグサが黄色い絨毯のように
一面に咲いていた。
歩くために石のタイルが敷かれていて、
花を踏まないで歩けた。


旅-和歌山のトップへ戻る homeへ戻る