本堂(重文)

境内の風景

外舞台から見た境内の風景。
仁王門から続く登廊の長い屋根が見える。

正面 外舞台
正面 外舞台
本堂は舞台造り、南面入母屋造り瓦葺の大殿堂で、奈良東大寺大仏殿に継ぐ最大級の建造物で、間口柱間9間・奥行き5間の正堂、9間・4間の礼堂の南にさらに5間・3間の外舞台がある独特の建築です。
現在の本堂は慶安3年(1650)徳川3代将軍家光公の寄進により再建されたものです。本尊は11面観世音菩薩(重文)仏師東大寺仏生院実清良覚の作と伝えられています。これは観音・地蔵の御徳を併せ持った世に長谷型観音と呼ばれています。(長谷寺のパンフレットより)
外舞台から眺める境内は絶景で、四季折々花の寺にふさわしい風景が眼下に広がっています。このときはまだ桜や木蓮の蕾が固く、落葉した木々の梢が少し色づき始めていました。


homeへ戻る