仁王門(重文)

寺前 仁王門
寺前 仁王門
寺前の商店街やお土産物屋さんを背にして
石段を上がると仁王門が見えて来ます。
久しぶりに来てみると、昔の印象よりも広大な境内に
驚いた。
帰りにこのお土産屋さんで抹茶入りのソフトクリームと
手作りこんにゃくの味噌田楽を買った。
長谷寺の総門で、額は後陽成天皇の筆、
楼上に十六羅漢、両側に仁王像を安置。
始めは平安時代、一条天皇の御世に幾度か火災に遭い、
現在のは明治18年(1885)の再建。
由緒のあるお寺らしい重合荘厳な門構えで、
真言宗豊山派の総本山としての風格がうかがわれた。


homeへ戻る