旅日記  [  島根県  滋賀県(醒ヶ井養鱒場)  滋賀県(伊吹山)  奈良県(曽爾高原)  奈良県(十津川村)  奈良県(中家住宅)  奈良県(長谷寺)  京都府(三室戸寺)  京都府(吉田神社)  京都府(詩仙堂)  和歌山県(那智勝浦) ]

伊吹山タイトル画像(2005/05/07)

近畿地方、高原の花の名所。古来から薬草が豊富な山として知られていた。
日本百名山のひとつ。

風景

道案内

植物



写真をクリックしてみてね

風景写真
ドライブウェイへ


風景写真
ドライブウェイ


風景写真
ドライブウェイ


風景写真
のぼり坂


風景写真
頂上


風景写真
案内板


風景写真
下り側の坂


風景写真
上から見た駐車場


風景写真
帰り道で



風景写真
ふもとで一休み

朝起きると爽やかなよいお天気だったので、昼過ぎになってどこかに行こうかという話になった。ドライブなら伊吹山に行ってみよう、と時間も考えず出発した。

名神高速道路はまったく渋滞もなく、岐阜県の関が原まで進む。徐々に天気が悪くなり、小雨が降ってきた。時間も中途半端なこともあり、このまま行こうか帰ろうかと相談をしながら走っているうちに、伊吹山に近づくにつれて次第に晴れてきた。よかったよかったとみんなで大笑いしながら行くことに決定した。


「関が原IC」を降りて、R365を2、3Km北へ真っ直ぐ進むと、交差点の左手に「伊吹山ドライブウェイ」と書かれた看板が見えてきた。


ドライブウェイ入り口の料金所の人から、霧が濃いがそれでも通るかと聞かれる。前の車はUターンして帰っていき、少し不安に思いつつも敢えて行くことにする。料金所の前にある案内板のようなものには伊吹山、霧、5度、30キロとあった。濃い霧も珍しいので少し楽しみにも思える。


ゲートを通る頃は少し薄く曇っていたが、山を登るにつれてどんどん晴れてきた。
窓を開けてみると、涼しいと言うよりは肌寒いくらいの風が勢いよく入ってきた。ついに空はしっかり晴れ、車を降りて爽やかな景色を堪能した。


頂上付近の駐車場に行き、そこからまだ少し歩いて登らなければならないので、先を急ぐ。左右に急カーブのある道路を登っていくうちに、煙のような雨雲が勢いよく山の上から道路に向かって落ちてきた。そしてみるみる回りは霧に覆われて、先は見えなくなった。


対向車もほとんどなく、後ろから続く車もなく、ゆっくりと霧の中を進む。進むにつれて霧も濃くなっているのがわかる。


頂上の駐車場についた。車を停められる枠はぼんやりと見えても、駐車場の広さもわからない中、おそるおそる奥へ進む。すると売店のようなものが突き当たりにあるのが見えた。売店を目印にできるようにとそこへ車を停めた。


その売店に向かって左手に道案内の看板があり、その右手に登り口があって、そこから登った。


頂上まで片道20分くらいとの予想は大きく外れ、2時間半もの登山になった。


真っ白の霧の中をどんどん進むと風が急に強くなってきた。息もつらいほどの強風の中、少し先に突然山小屋が現れた。頂上だった。


頂上に着くと突然霧が晴れ、青空が見えてきた。さっきまでの真っ白な世界が嘘のように爽やか。
風は相変わらず強かったがさっきまでの程ではなく、陽も当たるようになって少し暖かだった。


真上を見ると、とても深い青色の空だった。頂上にあった案内板を見て、戻りは中央コースでおりることにした。霧の晴れ間から遠くを見てみると、重なり合った山々が一段と鮮やかに見えた。左下を見ると、遠いはずの駐車場が眼下に見えてひと安心。


下りは上りほど霧も出ず、道も上りの大きな石がごろごろある道とは違って、階段状に比較的綺麗に整備されていて時間もかからなかった。しかしこのくだりコースは、道は綺麗でも脇に花を見ることはほとんどできなかった。


熊出没注意の看板が見えると、駐車場のアスファルトが見えてきた。駐車場に降りるにつれ、また霧が濃くなってきた。


駐車場を出発して帰路のドライブウェイを下っていくと、霧が
勢いよく吹き上がってくるのを見ることができた。


ドライブウェイを出ると6時過ぎだった。往復の風景を十分楽しみながらだったが、それほど時間もかからず麓まで戻ってきた。高速の途中のSAで夕飯でもと考えていたが、「釜めし」の字にひかれてつい入ったレストラン。満腹!!になって名神高速へ一路帰途につく。


車は相変わらず混んでおらず、帰宅したのは8時半だった。突然思いついて行ったドライブだったが、多少スリルもありとても楽しめた。



ニリンソウ

ニリンソウ



ヤマネコノメソウ
ヤマネコノメソウ



ミヤマキケマン
ミヤマキケマン



ボタンネコノメ
ボタンネコノメ



エンレイソウ
エンレイソウ



ヤマエンゴサク
ヤマエンゴサク



ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ



オオイタヤメイゲツ
オオイタヤメイゲツ



ヒメレンゲ
ヒメレンゲ



home
count