頂上



やっと見えた山小屋


晴れた! 登って来た道
山小屋を目指して進んでいたが、
なかなか見えず少し不安になってきた。
息もつらい程の暴風が吹いてきた。
陽が隠れると突然暗くなってきて、そろそろ引き返したほう
がいいのではないかと思っていたら
突然霧が晴れて山小屋が見えた。
そこがもう頂上だったようだ。
途中真っ白な塊が前の方に見え、
なんだろうと近づいてよく見ると大きな雪の塊だった。
登り始めは強く冷たい風で手がかじかみ、耳がずっと痛かったが、歩いて温まったのか
この暴風はそんなに辛く感じなかった。
平らな場所にもかかわらず、この風のお陰で歩くのには少し苦労して、それがとても可笑しかった。