頂上で一休み


頂上で一休み
墨絵のような紀伊山脈の山々

トンネルを過ぎた頂上あたり 山の途中で
トンネルを過ぎた頂上あたり 山の途中で
頂上付近のカーブで大きな路側帯を見つけたので、そこで一休みをしようと車を停めた。エンジンを止めると耳が変になったかと思うほど静かだった。 ここまではかなり落石も土砂崩れもしているし、細く暗い古いトンネルも多い不思議な道だったが、ここで振り返るとなかなか面白かった。
来た方向の山々にも雲が垂れてきている。
帰り道の両側に連なる山脈
雨雲がかかりはじめた山
帰り道の両側に連なる山脈 雨雲がかかりはじめた山
重なり合った両側の高い山の間に帰る方向の道がある。耳を澄ますと、遠くから微かに川の音が響いてきた。道は川に沿って村に通じている。降りるにしたがって川音が大きくなってきた。 だんだん雲が下りてきて、お天気が下り坂になったようだが、幻想的な風景を見ることができた。

homeへ戻る