京都 夏越祓  吉田神社
 
6月30日 大茅の輪くぐり

一年の半分過ぎた6月30日に京都の神社では夏越祓(なごしのはらい)という日本古来の行事がおこなわれます、年末には年越しの祓いという行事がありますが、夏越祓のときに行われる「茅の輪くくり」は(ちがや)で作った輪をくぐって半年の罪や穢れを祓い、残る半年の無病息災を祈るものです。茅には魔よけの力があるとされています。

                              クリックしてください↓

茅の輪 境内に用意された「茅の輪」
さざれ石 福井から来たという「さざれ石」
今宮社
今宮社
斎場所本宮 斎場所本宮
藤棚 藤棚

homeへ戻る count