サイトをSSL化しました。セキュリティアップ!

読書

読書 読書

とにかく面白そうな本を読んでは、書評を投稿しています。
国内外の書籍やコミックなど興味を引かれたものを読んでいます。

最近はミステリー・ホラー・ハードボイルドが好きですが、
たまに文芸書や新書も読みます。

本屋巡りが好きなので、積読本が増えるのが悩みです。
図書館もヘビーユーザーで、お気に入りが常に満タンになっています。
これがいつ読み終わるのやら・・・。

楽しみのタネは尽きません。

読書

天才狩り〈上・下〉

「天才狩り」 ソフィ・ガロワ 文藝春秋 世界中の天才を探すミステリだけれどもう三週間も前から読みかけている「天才狩り」がまだ終わらない。ダメかも。 本屋でパラパラと読んで買ってきたのだが、最初は天才についての薀蓄も背景もとても面白くてスイ...
読書

奇想の系譜

「奇想の系譜」 辻惟雄  筑摩書房 初版が34年前に出版されている。この本の2004年に著者は72歳。解説は服部幸雄(当時千葉大学名誉教授)この本は読み継がれ再販され、傍流と思われていた画家たちを江戸時代の絵画史を彩る人気スターにした。 意...
読書

「アメージング・グレース」物語―ゴスペルに秘められた元奴隷商人の自伝

「アメージング・グレース」 ジョン・ニュートン著 中澤幸夫訳 「アメージング・グレース」という哀調を帯びた美しい歌は誰がどこで作ったのか。賛美歌集の中にあって、貧しく、中には文字が読めない人々のために、神を賛美し信仰に導き聖書を深く理解する...
読書

魔法の夜

スティーヴン・ミルハウザー太陽の昼は現実、月の光に照らされたのは魔法の夜。ミルハウザーの美しく精緻な言葉が、月夜に目覚め眠れない人々を描き出す、冴える幻想と美。9作目。ごく短く綴られた物語の積み重ねは、深夜に起きる人たちと月を語る詩のよう...
読書

鳥肌が

鳥肌が 穂村弘 44編を集めたエッセイ集。初めて読んでみたが、じわっときたり、ぞぞぞときたりその怖さが面白かった。 話題の穂村さんのエッセイを初めて読んだ。題名が「鳥肌が」(?) 穂村さんの名前はよく見かけていたし訳された本(スナーク狩り)...
2019.03.21