サイトをSSL化しました。セキュリティアップ!

読書

読書

高野聖

高野聖 泉鏡花 たまに泉鏡花に酔ってみたい時がある。 鏡花の世界、きらびやかな極上の文章の世界、幽玄な表現が怪しく肌に感じられるほどの、薄気味悪さの持つ魔力にも惹かれる。 その一方、物語の世界から解放されると何かすがすがしさを感じる。書く...
2019.03.21
読書

鬼の跫音

鬼の跫音 道尾秀介 これはじわじわ不気味さが入り込んで、そこから恐ろしい出来事が展開する。道尾さんらしく負担がなく軽い、面白い作品だった。 鈴虫 大学時代のこと、ずっと好きだった杏子は友人のSと付き合いだした。私は嫉妬した。壁の薄い隣の...
2019.03.21
読書

鬼談百景

鬼談百景 小野不由美 キダンヒャッケイと入力すると「奇談百景」と変換された、でもこの本は「鬼談百景」という題名になっている。恐怖小説というなら鬼になるのか、と変なところで納得した。 作者の要請に応えて読者から寄せられた恐怖体験談ということに...
2019.03.21
読書

陽だまりの彼女

越谷オサムくっきりしたかわいらしい表紙が見えたので手にとってみた発掘本。 ――その秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへと走りはじめる! と裏表紙に書いてあった、その秘密ってどの秘密?前代未聞って? ハッピーエンドにチョット...
読書

陽気なギャングが地球を回す

伊坂幸太郎銀行強盗なのですが、愛すべきメンバーで、実害がない分応援態勢で読んだ。ガンバレ四人組 m(__)m伊阪さんの作品は「死神の精度」もそうだが、ピリッと気の利いた反面とぼけたところもある面白い短編集が好きだ。 読後の安心感と、お得感...